小田原じてんしゃ工房は、さかのぼること90年以上前、1924年に誕生しました。創業当初は「野地サイクル商会」として設立され、神奈川県内ではまだほとんど取り扱いのなかった、バイクの販売・修理を行っていました。もちろん、自転車も。

現在では、バイクやスポーツタイプの自転車は取り扱いしていませんが、電動アシスト自転車やシティサイクル、いわゆる街乗り自転車の販売・修理を行っています。意外とたくさんの人に利用していただいているんですよ。

 

多くの時間を経て、私たちも、街の様相も大きく変わりました。経営者は4代まで変わり、業態も少しずつ変化しています。しかし、現店舗の至るところには、まだ創業当時の面影も残っています。

店舗以外にも、変わらないものがあります。

それは「挑戦」という理念です。

インターネットも何もない時代、その後のブームも予想できなかった創業時、創業者の野地考助(こうすけ)が持った思い。

誰もやっていないことでも、例え成功が保証されていなくても、果敢に「挑戦」するという、当時のベンチャー魂は、現在にも引き継がれています。

私達が届けたいのは、街の自転車屋としての役割でも、通り一遍なサービスでもありません。仕事を通じて、誰かの楽しい思いに協力したい、大変だと思っていたことを軽減したい、そして、仕事にかかわる人間、みんなで満足できるようになりたい。そのために、私たちのできうる技術を駆使して販売や修理をし、情報を編集し、発信していくことこそが、この実現のために必要なことだと思っています。

自転車は、エコにつながるとか、健康にいいとか、さまざまな影響について語られていますが、私達の考える自転車とは、皆さんの生活に最も身近な、移動手段であるということを指します。

あまり難しく考えず、シンプルに、歩きよりも早く移動したい、重いものを楽に運びたい、車は買えないけど、自転車なら・・・。そんな気軽さで、弊社を利用してください。

一方で、自転車を利用する多くの人のために、これから私達に何ができるのかを考え続けています。そのために、個人商店にも関わらず、メディア事業部を設置してみました。

「個人商店のメディア事業部ですが、何か?」そんな風にうそぶきながら、自転車にまつわる情報発信を続けていきます。

 

もちろん、自転車の販売・修理に関するご相談は随時お受けいたします。

こんな自転車ある? こんな風に自転車を変えたい。何かお悩みがあれば相談してください。満足できる1台となるよう、一緒にカタログでも見ましょう。

皆さんのご来店、お待ちしております。

店主